「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ミュージカル( 11 )

久々にレミゼ

シルバーウィーク最終日にふとミュージカル「レ・ミゼラブル」冒頭の音楽が脳裏をよぎり
激しく聴きたくなった。
久しぶりに東宝2003年公演キャスト盤を携帯に入れて家事をしながら聴く。


娘と一緒に聴くのにはちょっと抵抗があるなぁ、やっぱりまだ。
話は逸れるけど、家のTVでオンデマンドを利用し何も知らずに「ブラック・スワン」を観たときの
背中の凍りつきと同じだわー。


祐一郎様の高音にズッコケながらも
感動的なシーンの数々。
素晴らしい曲。
聴くと今度は舞台が観たくなる。

今まで日本語のレミゼしか知らないので 英語のレミゼも一度きいてみようかな。
[PR]
by green-gurin | 2011-09-27 23:43 | ミュージカル | Comments(0)

怪人さま

5月17日で大阪千秋楽を迎える劇団四季のミュージカル オペラ座の怪人
明日は、久々にオペラ座参りの予定ですが 困ったことにだんだん twilight 熱が重症になってます。

うまく切り替えて観賞できるか ちょっと心配。
[PR]
by green-gurin | 2009-04-24 22:35 | ミュージカル | Comments(0)

怪人さま

e0004693_1171157.jpg


いつも先行予約にのりおくれるぐりんですが
今回は、大阪公演千秋楽が5月17日に決まったこともあり
頑張って2公演分のチケットを予約。
チケットのお値段が下がったのは、と~ってもうれしいことですわ~♪

といっても、センターブロック前方のど真ん中!なんて夢のまた夢で・・・
いつもちょっと後ろのちょっとサイドにずれてるんですよね~☆

観たい!と思ってもそうそう観に行けなくなる距離
(次回はどこでの公演になるのかな?)を思うと
今のうちに、怪人さまをしっかり眼に、脳裏に、焼き付けておかなくては~。
[PR]
by green-gurin | 2009-01-31 11:07 | ミュージカル | Comments(0)

5ヶ月ぶりに

劇団四季の「オペラ座の怪人」を観てきました!
今回は、初オペラ座の友人と一緒に下手サイドブロックの2列目。
やっぱり この演目は好きだなぁ~~。

佐野ファントム・佐渡クリス・岸ラウルの組合せ。
佐野ファントムと岸ラウルには はじめておめにかかったのですが・・・。
佐野ファントムの大きな目力にすっかりやられてしまいました。
オペラ座初体験の友人も最後には、感情移入しちゃってウルウルきたらしい。(吉兆ですね^v^)

キュートな諸カルロッタも健在で 大好きな「ハンニバル」のシーンでは
拍手したいのをグッとこらえましたよ。emoticon-0136-giggle.gif

それにしても、「Think of Me」でのブラボーのシーンから気になり続けた岸ラウルの髪。
カツラがどう贔屓目にみても あってないようで・・・・・。ふくらみすぎていて、それでは、コント用じゃないですか・・・といいたくなるくらいに・・・。^^;
でも、終盤の地下湖で気づくと地毛になっていて乱れてはいるものの自然で美しいラウルに変身しておりました。ホッ。^^;

佐野ファントム・・・御幣があるかもしれませんが ファントムメイク合いすぎだわ。
迫力が・・・あの目。あの顔。あのこ~えは~♪とクリスでなくとも感じる恐怖だけではない感覚。
やっぱり また観たい。
次は、いつ行けるだろうか。
[PR]
by green-gurin | 2008-02-01 00:39 | ミュージカル | Comments(2)

京都劇場

この週末、
ずーーーっと観たかったミュージカル、「エビータ」を京都劇場へ観に行ってきます♪
CDは聴き込んでますが 舞台は未見なのでとても楽しみ。^^


e0004693_21343675.jpg



大阪四季劇場に続いて、またまた初めての京都劇場です。
そしてすんごい久しぶりの思い出いっぱいの京都。(遠い目・・・)
京都駅には、ビックカメラもオープンしてることだし、覘いてこれるといいのですが~。

キャストチェックをのぞいてみると 9月2日まで チェ・ゲバラ役に佐野さん♪
オペラ座の怪人では、ラウル役のときもファントム役でもご縁がありませんでしたので
お会いするのが楽しみ~♪(当日まで安心はできないようですが・・・。^^;)

1日のマチネで上手最前に挙動不審者を発見された方、それはきっと私です。(笑)
[PR]
by green-gurin | 2007-08-30 21:34 | ミュージカル | Comments(2)

再度の観劇

もうおとといの事になりましたが・・・。
行ってきました。
どこへ?
もちろん大阪梅田はウィーンへ~♪

e0004693_20561773.jpg


またもやマヤ・ハクフォートさんはお休み・・・・・。
かなりショックでした;;;
そして再度エリザはセカンドのマイケさん。

今回の感想は、辛口かも~。

今回も3列目サイドブロックでしたが 上手側でした。
あいかわらず、プロローグのダンスは素敵でした~。とても好きなシーンです。
オペラ座の怪人でいうと、マスカレードのシーンのような華やかさとでも言いましょうか。
まぁ、エリザのこのシーンは死人のダンスだから対照的でもありますけど、、、、、。

闇が広がるでトートとルドルフのデュエットが目の前だわ~と期待していたら、
今日は、中央よりでの絡みでした・・・・・。ガァーーーーン。
この日の観劇は、やたらガァーーンが続いたわ;;;
一番最後のガァーーンは、、、、、エピローグでのこと。
あの象徴的な、、、、、本場のものより2メートルも長いという凶器のヤスリを模したセットが、、、、、、、、、ギッ ギッ ギッ ギッ ギッ、、、、、、、
と、小さな音で規則正しいリズムを刻みながら上がっていった、、、、、(=Δ=;;
すぅーーーっと、我にかえってしまった私でした。(苦笑)

キャストのみなさん全体に声にお疲れが出ていたように感じました。
ときどき聴き取れないことがありました。音声装置の具合もあるでしょうか?
大阪公演の折り返しを過ぎ一番疲れが出る頃なのでしょうか。

前回も思ったのですが・・・・・・・・。
マイケさん、ほんとのエリザベートになんとなく似ているような・・・・・。
そして、娘の同級生S君のママにも似ている・・・・・。
                 ↑まだ20代半ば過ぎでとてもきれいなママなんです♪

あまり時間がないので続きはあらためて☆
[PR]
by green-gurin | 2007-04-18 20:56 | ミュージカル | Comments(2)

ウィーン版エリザベート

行ってきました♪
梅田芸術劇場メインホール 1階3列目下手側のお席での観劇。
まだ 観劇の余韻に浸っておりますので静か~にコーフン状態です;;;

e0004693_2053208.jpg


往路 オリジナル・ウィーン・キャストを聴きながらの電車の中で どういう感想を持つことになるのか少々不安がありました。
というのも 東宝版日本語エリザベートに慣れている耳には ウィーン版のキャストの声は全体に高い気がして誰の声なのか ドイツ語が全くわからないのも手伝って意識していないと解らなくなることがあったからです。
しかし、まったくの杞憂に終わりました。
すごく良かったぁ~~♪

エリザベート役はセカンドのマイケ・シュヴィッツァーさんでした。とてもとても綺麗で気品のあるシシイ。1幕最後の「これぞエリザベート」な衣装を身にまとって現れたときは 会場から拍手が起きていました。その後ちょっとしたハプニングが・・・。1幕目最後の最後、扇子をパッと開くところだったと思うのですが、手がすべったのか落としそうになって一瞬焦られたようでしたが、何事もなかったように顎をきりりと上げ決めのポーズで幕。さすがです。(^^)

字幕を読む間も舞台から目を離すのが惜しかったのですが 東宝版との台詞の違いもなかなか面白かったです。結構、キツかったりね;;;

驚いたのは マテ・カマラスのトート。
すっごくセクシーでした。
発音によって出すかすれた声といい、ときどき見せるなんともS的な(*^・^*)表情といい、ぐぐっと引き込まれました~。

4月30日までの上演。もう1度観たいなぁ~。

山口トートのような闇の帝王タイプに甘々に包み込まれるのもいいけど~
どうしようもなく抗えない力で人をたぶらかすトートに翻弄されるのもいいなぁ~
なんて 私はもしや隠れMか?(爆)

そんなこんなで終演後 DVD買ってしまいました。(^^)
そして、いつもそうなのかどうか?CDかDVDを購入すると
    ルキーニ役 ブルーノ・グラッシーニ
    トート役 マテ・カマラス
    ルドルフ役 ルカス・ペルマン
のサイン会に参加できるということでしっかり参加してきました。
    

そして
[PR]
by green-gurin | 2007-04-02 20:53 | ミュージカル | Comments(8)

ミュージカル「マリー・アントワネット」

久しぶりにミュージカルを観てきました。
演目は 東宝の「マリー・アントワネット」。

e0004693_22354494.jpg


チケットを手にしてからずいぶんと月日が過ぎていたので日付と時間のチェックのみで さして座席には頓着していませんでした。
・・・・・が、劇場の座席案内で座席位置の確認をしたときです。
4列というのは オーケストラピットがあるために 実質最前列!
しかも 31番って・・・・・ど、ど真ん中!!オヨヨ~~(@Д@)))
もうこの時点で心臓バクバクでした!

さて 幕が開き一面真っ白なライトの中にただ一人。
フードの付いたマントを身に纏った黒いシルエット。
天を仰ぎわなわなと震える手。
マリー・アントワネットかと思っていると ライトがあたり前方へ歩み出てくるその人は・・・。
あ~!我が愛しの(笑)山口祐一郎さま~~☆
目、目の前です!瞳がキラキラ私の頭はクラクラ、まるで少女漫画のような煌き~!
差し出す手の血管まで肉眼で見えてましてよ~!

とにかく終始こんな調子での観劇で 俳優さん方が前方へ来ると視線はずっと後ろへ向いているのはわかっているのに どうもこちらが見られているような落ち着かない気分になって 一人で照れておりました;;;(>о<)

そして最前列のお土産とでもいうべき これ。

e0004693_22354445.jpg


劇中で ボーマルシェがばら撒いた 紙幣です。(笑)

それにしても マリー・アントワネット役涼風真世さん 元タカラジェンヌではありますが 小さなお顔で透き通る白い肌。ベルバラでオスカル役だったと言うことは 男役だったようですが、へぇ~と驚くほどの愛らしさでした。

そして オルレアン公役 高島政宏さんですが、白塗りに眉なし。右目にだけ長~く下まつげを描いたメイク。怖かった;;;うちの娘が見たら夢でうなされてるよ、きっと。

e0004693_22354498.jpg


全体として 今回は最前列というハプニング?があったため普段と違う観かたとなりましたが私的には 満足な観劇となりました。
ただ 主役が誰なのかはっきりしないのと ところどころ意味が解らない思わせぶりな箇所もありました。
ま、あとは遠藤周作さんの原作を読んでみるとしますか。(^^)
[PR]
by green-gurin | 2007-02-22 22:35 | ミュージカル | Comments(8)

吉報あり

ジャーーーンジャジャジャジャジャーーーン♪(有名なアレ)
私は「オペラ座の怪人」が大好きなファントマー。
ミュージカルの世界に目覚めたのも この作品がきっかけでした。
それまで全くミュージカルに興味など持ったことのなかった私でしたが・・・、
ハマりにハマってCDなら、オリジナルロンドン版2種、四季版2種、韓国版、映画版、
そしてわけのわからん版数種・・・。
もちろん映画「オペラ座の怪人」のDVDもね♪

その「オペラ座の怪人」が来年5月に大阪四季劇場にやってきます!
これで観劇可能な距離になりました。ファントマーの血が騒ぐ♪
あ~~、またあの地下湖に顎までどっぷり浸かることになるのだわぁ~~。(陶酔☆)
[PR]
by green-gurin | 2006-12-01 13:12 | ミュージカル | Comments(5)

溜息

きのう、入会しているファンクラブから「レ・ミゼラブル大阪公演」のチケットが用意できなかったという知らせを受け取り、どっかーーーん!とブルーです。
予想はしてました;;;
ほんとにうっかりというか、ぼーっとしてたので、必着日に間に合うかどうか微妙な時間のハガキ投函・・・。
で、やっぱり世の中そんな甘かーないよね。一般発売日前に、連絡があっただけでも良しとせねば、な。(-_-;; 
でも、どうしても無表情になってしまう私でした。
[PR]
by green-gurin | 2005-09-06 11:48 | ミュージカル | Comments(0)

I have four cats.


by ぐりん
プロフィールを見る
画像一覧