アイーダ

あぁ・・・もう、ひと月も前になってしまってるんですね。
キエフオペラアイーダ和歌山公演観たのは・・・。
予習のDVDとは、セットが違いもちろんバレエの振り付けも違いましたが、生声の迫力には圧倒されました。
特にこちらを向いて歌うときのテノールやソプラノの声量の凄いことといったら!きゃー!やめて~!くらい。^^;
周波数が合えば、ワイングラスなんぞはパリンパリンに砕け散りそう!
その中でDVDと変わらなかったのがアイーダの化粧;;;
時代ととともに進化して、もう少しきれいな化粧になってるかと思ったのですが・・・。う~~~ん。

先日、BSでメトロポリタンオペラ「アイーダ」が放送されましたが、こちらは黒塗りなしですっきりでした。
さすが、メトロポリタン歌劇場、セットが豪華!!エキストラもたくさんいて人数的にもド迫力。
翌日には、「トゥーランドット」が放送され、こちらも観ました。
トゥーランドットといえば、荒川静香さんが金メダルを取ったときのフリーの演技の時の曲「誰も寝てはならぬ」くらいしか思いつかなかったのですが、プッチーニ作のこのオペラ、なんと舞台は中国だったんですね~。知りませんでした~。
オペラの名でもある「トゥーランドット」が皇帝の娘である美しい姫の名前だというのも知りました。
その美しさゆえに求婚者が押しかけますが、三つの謎かけに答えなければ、死が待っているという恐ろしい1幕の舞台に目が釘付けになりました。おどろおどろしい舞台のセットにびっくり。
華やかなオペラの世界との違いに興味深々、引き込まれていきました。しかし、場面が変わると、いやぁ~こちらも絢爛豪華なセット。まばゆい!!
e0004693_2311830.jpg

それに曲名としてはおかしな感じだった「なんで誰も寝てはならぬのか?」の謎も解けてすっきり。^^v

今、気がついたんだけど・・・
Wikiをみれば内容はすぐ解かるのね;;;
でも、オペラをドキドキわくわくしながら観ることができたから得した気分071.gif
[PR]
by green-gurin | 2010-11-26 23:14 | 音楽

I have four cats.


by ぐりん
プロフィールを見る
画像一覧